壇ノ浦ライブ’85
源氏と平家の魅力に嵌って早○年…。これからもこのアッチッチ病は治りそうにありません。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/01/29(日)   CATEGORY: 大河感想
第4回 殿上の闇討ち
今回の清盛は、親子どんぶり・・・いえ親子萌えをいっぱい詰めた
そんな話でした。

北面の武士って、イケメンで文武両道でなくてはいけなかったのですねv
もう、清盛ったらかすり(?)もしてないっv
でも、いずれイケメン武士に変身するのでそこはおいといて・・・
風流を全く解さない辺り、かなり好きな清盛像です。
そうよ!知盛のパパはそうじゃなくっちゃ!(論点はソコにあり。
武門平家が芸術面に理解示すのは・・・まだ先の方の話でいいです。
だから、思いっきり女房ら相手にすべったらイイサ~☆
べ、別に強がりでもなんでもないんだから、ね!(汗
北面の武士といえば、
義清もかなり美味しいポジションだな~と思います。

義朝が、為義に文字通り弓を引いちゃうシーンがあったけど
あれって、暗に後の二人の関係を指しているのかなぁ。
今回の話の中だけで言えば、伏線っぽい感じではありましたけど。
為義は義朝の為に闇討ちを決意したみたいでしたし。

美味しい所に義朝登場しますよね。
先輩はできた源氏の嫡男でしゅ~♪(無駄にのだめ風に

清盛が忠盛に助言したのに、一向に受け入れてもらえず
ふてくされて海岸に居たら、なんで義朝も来ているの?!
もう、この子ども達二人も目が離せませんわv(爽やかな笑顔で

忠盛の闇討ちは、平家物語(銀箔貼った木刀の話)にも出てくるのですが
まさかそこで為義起用とは・・・!
大河、凄い!上手い!美味しい!
のだめ風に言うなら、しゅごいです、先輩~!(無駄な一文
なにげに息子らが、親達の本音を聞いちゃうってのも
凄い美味しい展開になってますね~v

こうして清盛はますます父上にぞっこんラブになってしまう訳ですね。
なっとく、なっとくv(色々誤解を孕みつつも終わります。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 壇ノ浦ライブ’85. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。